知って得する紫外線対策

日焼けシミだけじゃない、​免疫力が低下することも…

そもそも紫外線とは

紫外線は、紫外線はB波(UV-B)、A波(UV-A)、C波(UV-C)の3種類があり、
このうち地球上に届いているのは紫外線B波とA波です。

紫外線B波は、主に日焼けの原因となります。
皮膚や目に害を及ぼし皮膚がんの原因になるといわれています。

紫外線A波はB波ほど悪さはしませんが、肌内部にまで入り込んでくるため
「しみ」「シワ」「たるみ」などエイジングの天敵となります。

シミはどうしてできるのか?

そもそもシミとは、皮膚の中にメラニンが蓄積され
地肌の色よりも濃くみえる部分のことを言います。

肌が紫外線を浴びると皮膚内部のメラノサイトが活性化し、メラニンを過剰に生成することで皮膚を黒くします。
これが日焼けのメカニズムです。
日焼けは、表皮が生まれ変わることによって、メラニンが皮膚表面に押し出され、垢と一緒にはがれ落ちるので、肌の色は一定に保たれますが、長年紫外線のダメージを蓄積すると、メラニンが過剰に作られ続けられるようになり、表皮が生まれ変わる周期も乱れがちになります。
すると、メラニンが排出されず皮膚内部に蓄積され、シミになります。

メラニンって何のな?

メラニン色素は肌や髪の毛、瞳の色を作る色素です。
皮膚内のメラニンの量が多いと肌は黒く見えます。
メラニンには紫外線を吸収して肌を守る働きがあります。

日焼けをするのは、紫外線を浴びて皮膚がメラニンを作って
一時的に細胞を守ろうとしているからなんですね。

​目から入る紫外線は肌にも影響する

実は目から入る紫外線が影響を与えるのは目だけではありません。
目から強い光が入ることで、脳が体内に紫外線が入ってきたと判断します。
その結果、脳が肌のメラニン色素を出すように命令してしまい、肌は紫外線を浴びていないのに日焼けをしてしますこともあります。

肌の紫外線対策をしていても、目からの入った紫外線で肌トラブルになってしまうことも…
 

紫外線が目にもたらす影響

目の痛みや充血、病気につながる恐れも

目に紫外線が入った場合、角膜が炎症を起こし、
目の痛みや充血などの症状が現れることがあります。
これは「雪目(電気性眼炎)」と呼ばれる症状で海水浴やスキー場で強い太陽光を浴びると、角膜の表面が傷ついてしまう目の病気です。
通常強い紫外線を受けてから6~10時間ほどで充血や違和感、痛みなどの症状が現れます。
雪目などの状態でさらに強い紫外線を目に浴び続けると、ダメージが蓄積されて
目の細胞を破壊してしまう恐れもあります。
その結果「白内障」といわれる病気になってしまうこともあります。
白内障は、通常透明な眼球の水晶体が白く濁ってしまい、水晶体が集めた光をうまく眼底に届けることができなくなり視力が低下する病気です。
白内障になると、視界が全体的にかすんだり、視力の低下、光がまぶしく感じたり、暗い時に明るいときで見え方が違う等の症状が現れます。

目の紫外線対策は忘れがちですが、紫外線が目に及ぼす影響はあります。

​目の紫外線対策をすることを習慣にすることは、健康に良いことです。

紫外線で免疫力が低下する?!

紫外線は免疫力を低下させ、感染症などの病気にもかかりやすくなるといわれています。
皮膚は外からの侵入物に抵抗するという重要な役割をもっていますが、
皮膚が紫外線を浴びたことで免疫力が低下すると感染症にかかりやすい状況になります。

​なぜ免疫力が低下するのか?

皮膚の表皮には、細菌やウイルス、化学物質などの侵入を感知するセンサーの役割を持つ、ランゲルハンス細胞があります。
ランゲルハンス細胞は、表皮の中でネットワークを形成しており、侵入してきた化学物質や病原体、また、皮膚で発生したがん細胞を異物として認識します。
その後、リンパ節へ流れていき、そこでリンパ球に異物があることを知らせ、その結果その異物に対する特異的な免疫反応が起きて、異物を排除します。
しかし、紫外線を浴びると、活性酸素によってランゲルハンス細胞のDNAが傷つき、うまく機能しなくなることがあります。
その結果、免疫力が低下し、体調を崩しやすくなります。
ランゲルハンス細胞は、加齢によって少しづつ減少しますが、それを促進するのが紫外線です。
外部から侵入する細菌やウイルス、体内に生じた異常な細胞などを排除しようとする免疫反応が、紫外線を浴びすぎることによって低下します。
免疫の働きが抑えられると、がん細胞が発生した時に排除する力が働かず、増殖してしまうことにもなります。

デジタル機器との付き合い方

​こどもの目を守るために

​3歳児までに

視力検査を受ける重要性

タイムリミットは6歳

​早期発見が治療のカギ