日焼け止めについて

日焼け止めの種類

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、エネルギーに変えて放出する
紫外線を防ぐ力は強いけれど、肌への負担も大きい

紫外線散乱剤は、紫外線を反射・散乱させて皮膚を防御する
肌への負担は少ない

SPAとPAとは

SPFは、シワたるみの原因になるUVBをどれくらい遮断できるかという目安
素肌と比べたとき、日焼けがはじまるまでの時間を何倍まで遅らせることができるか表しています。
「SPF1」は日焼けがはじまるまで20分かかるといわれているので「SPF30」なら20分×30=600分(10時間)という計算になります。

PAの場合、シミやそばかすの原因となる紫外線UVAからどのくらい防御できるかという目安の数値になります。
プラス(+)の数が多ければ多いほど、効果が高いです。

SPFの数値が高かったり、PA(+)が多いほど、肌への負担も大きくなってしまいます。

日焼け止めを使用する際の注意点

SPF、PAの値が高ければ高いほど、肌への負担は大きくなります。
少し屋外に出るくらいの場合はSPF20~30のPA++~PA+++、日中外にいる場合はSPF50のPA++~PA++++を選ぶなど、目的に合わせて使用するということが大切です。
日焼け止め使用後は、洗顔でメイクや汚れとともに日焼け止めを落とし、乳液やクリームで十分に保湿しましょう。

また、日焼け止めは、汗やかきむしりなどにより紫外線を防ぐ効果が下がるので、数時間おきに塗りなおすことも必要です。

​日焼け止めをうまく塗るポイント

日焼け止めはムラなく均一に塗ることが大切です。

フェイス
頬:中心から外側に伸ばす
額:中心から髪の生えぎわにむけて伸ばす
目もと:目頭から目尻に向かってやさしくなじませる
鼻際:上から下に伸ばす
あご:中心からフェイスラインに向かってなじませる

髪の生え際、小鼻のわき、眉間、まぶた、フェイスラインは塗残しがちな部分です。
丁寧に日焼け止めを伸ばしましょう。
塗り終えた後は、手のひらで顔全体を包み、日焼け止めをしっかりとなじませましょう。
もう一度同じ量を手に取り重ね塗りするとお顔は完璧です。
また、首と耳も忘れないようにしましょう。
首の前を塗るときは頭を後ろに反らせて伸ばした状態で
首の後ろは逆にうつむいた状態で塗りましょう。

ボディ
腕や脚など広範囲に使用する場合に、肌に擦り込むように塗ってしまいがちです。
しかし、強い摩擦は肌へ負担をかけてしまいます。
日焼け止めを塗る際は優しく丁寧に塗るようにしましょう。
また、日焼け止めは手の平に出して塗るのではなく、容器から肌に直接、直線を書くようにつけ、手のひらで円を描くようになじませましょう。

手、足の甲、ひざの裏は塗残しがちなところです。
ボディは汗や服の擦れによって日焼け止めが落ちやすいため、日焼け止こまめな塗り直しが重要。
 2〜3時間おきに塗り直すと、より効果が持続します。

日焼け止めは適切量をムラなく塗ってこそ、効果を発揮してくれます。

日焼け止めの塗り方

日焼け止めは、外出する20~30分前に塗るのがいいです。
強い摩擦は肌へ負担をかけてしますため、あまりよくありません。
日焼け止めを塗る際は「優しくていねいに」が基本です。

また、日焼け止めの量は、メーカーが規定した量を塗りましょう。
日焼け止め効果測定試験では「試料塗布量2mg/平方㎝」が規定とされており、この量で効果が測定されいます。
つまり、肌面積1平方㎝につき2mgの日焼け止めを肌に塗るということ。
塗る量が少ないと、日焼け止めの効果が十分に得られません。

目安の使用量はクリーム状の場合はパール粒2個分
液状の日焼け止め1円玉効果2個分です。

デジタル機器との付き合い方

​こどもの目を守るために

​3歳児までに

視力検査を受ける重要性

タイムリミットは6歳

​早期発見が治療のカギ