3歳までに視力検査を受ける重要性

​遠くが見えれば近くが見えるという思い込み

学校で行われている現行の視力検査は遠見視力検査といい、教室のどこから見ても黒板の文字が見える等、遠くのものを見る力を測る視力検査です。
現在、学校の視力検査で問題がなかったしても、黒板の文字が見えていても教科書やノートの文字が見えない子どもがいます。
遠くを見る視力と近くを見る視力は違うので、遠くが見えれば近くも見えるわけではないのです。
そのような子供たちの中にはメガネをかけたとしても、はっきり見ることができない弱視の子どもたちがいます。

メガネをかけても一生はっきり見えない

弱視は難病ではありません。
弱視は3歳から治療を開始すれば、
小学校入学までには視力の改善が期待できます。
しかし、6歳を過ぎると改善は難しくなり
一生はっきり見ることができなくなる場合もあります。

​タイムリミットは6歳ごろ、早期発見が治療のカギ

人の視覚が発達する時期を視覚の感受性期といいます。
生後3ヵ月から18ヵ月をピークに発達しそれから徐々に衰退しますが、感受性の高い時期に視力不良があると、はっきり見ることが妨げられ、視力の発達が遅れて弱視になる可能性が高まります。

人の視覚の発達は3歳頃までに
両目で見る力と眼球を動かす力の発達が終わり
6歳頃までには眼から入った情報を脳へ伝える
視神経の回路が形成が終わります。
感受性期を過ぎてメガネをかけても、
視神経ができていないので、脳が情報を認識できないのです。

はっきり見えないことを普通だと思っている

目が悪くなるとはっきり見えないのは
大人も子どもも同じです。
しかし、子どもは成長とともに、少しずつ見えるようになっていくので、はっきり見えていなくてもそれが普通だと思っています。
なので、はっきり見えていないと自分から言いません。

三歳児眼科健診のアンケートにチェックすべき項目があります。
以下の項目に思い当たることがものがあれば、三歳児健診を待つのではなく眼科を受診することをお勧めします。

・頭を左右どちらかに傾ける
・顔を左右どちらかに回す
・顎を上げる下げる
・眼が内側に寄っている
・目が外側に外れている
・目を細めている
・極端に近づいて見ようとする
・瞼の形に左右差がある
・屋外に出ると非常に眩しがる、嫌がる
・瞳の中央が白く光る

​楽しいクイズで視力検査を

視力検査を行う際にCの切れ目のある方向を私たちは指をさしますが
子どもたちは答え方がわからないかもしれません。
そんな時に、youtube動画「たべたのだあれ」を是非活用してください。
Cのことをランドルト環と言いますが、「たべたのだあれ」ではドーナツをランドルト環に見立てて、ドーナツを食べた動物を指さすというクイズ遊びしながら視力検査の練習ができます。
クイズ遊びだと思うと子供たちは楽しみながら正確な視力検査ができます。
たべたのだあれを使って、ルールを理解して1歳でも視力検査ができた事例もあるそうです。
また、youtubeを見せることが抵抗がある方は書籍版やマグネット版を購入して利用することもできます。

知って得する紫外線対策

日焼け、シミだけじゃない

​免疫力が低下することも…

​デジタル機器との付き合い​方

​こどもの目を守るために